綿半ホールディングス

文字サイズ
小
中
大

WKカバー工法

TOP > 一般のお客様へ > WKカバー工法

屋根

今ある屋根や外壁をいかし、そのまま包み込む「WKカバー工法」です。
いずれもいつも通りの操業を続けながら施工ができます。既存の屋根形状に応じた最適な工法をご提案します。

WKカバー Ⅱ 工法

既存の屋根がストレートなら

矢印

Before

施工前 建物全体のこぎり屋根など

After

施工後 建物全体のこぎり屋根など
  • 踏み抜き事故の多いスレート屋根の改修工事ですが、綿半は、オリジナル部材(特許取得)を用いて安全に施工できます。
  • 既存の屋根に直接穴を空けない工法なので、施工中の粉じんの落下が低減できます。穴をつたって雨漏れする心配もありません。

WKカバー Ⅱ 工法

既存の屋根が瓦棒葺きなら

矢印

Before

施工前 建物全体アーチなど

After

施工後 建物全体アーチなど
  • 既存の屋根に直接穴を空けない工法なので、施工中の粉じんの落下が低減できます。穴をつたって雨漏れする心配もありません。
  • 現場成型もできるので、アーチ型などの特殊屋根にも対応できます。

WKカバー Ⅱ 工法

既存の屋根が折板なら

矢印

Before

施工前 建物全体

After

施工後 建物全体
  • 既存の屋根がどんな折板屋根でも、カバー工法で施工できます。

バイパス樋

バイパス樋

大雨で樋がオーバーフローしてしまった時、通常の対策としては樋の交換や拡張など屋内作業を伴う工事が大半です。綿半の「バイパス樋」なら建物の内部に入らずに施工が可能です。屋根の中間に樋を設置し、一部雨水を迂回させる画期的な工法です。

バイパス樋

バイパス樋:特許第5452954号

施工例1
  • Before

    バイパス樋 施工例1

  • After

    バイパス樋 施工例1

施工例2

After

バイパス樋 施工例2

施工例3

After

バイパス樋 施工例3

外装

WKスパンウォール

経年劣化した外装を「WKスパンウォール」で改修することにより、外観を刷新し、企業イメージを向上させます。
仕上がりが美しく、耐久性の高いメンテナンスフリーな素材です。

施工例1
  • Before

    外装 施工例1

  • After

    外装 施工例1

施工例2
  • Before

    外装 施工例2

  • After

    外装 施工例2

WKカバー工法   施工実績   建設業者様へ   綿半ソリューションズへのお問い合わせ