綿半ホールディングス

文字サイズ
小
中
大

一般のお客様へ

TOP > 一般のお客様へ
こんなことでお困りではありませんですか?
  • 雨漏れ

    雨漏れで設備や製品が濡れている

  • 暑さ

    季節の温度変化で生産性が下がる

  • ゲリラ豪雨

    突然の大雨で樋が溢れている

  • 建物をきれいに

    建物が汚れて会社のイメージが損なわれている

  • 結露

    カビや虫が発生している

  • 工事について

    長期の休みがなく工事のタイミングがない

綿半の「WKカバー工法」なら解決できます!

雨漏れ

雨漏れを放置しておくと製品や機械に被害を及ぼし、さらには建物の劣化を引き起こす原因になります。綿半の「WKカバー工法」は雨漏れを止めて施設を守り、安心な作業環境を実現します。
雨漏れ

Q&A

「WKカバー工法」とはどのような工法ですか?
既存屋根の上から、新しい屋根をかぶせる工法です。雨漏れは発生箇所が多く正確な特定が困難ですが、新たな屋根で覆うことで、雨漏れを確実に止めます。
今の屋根は雨漏れしていてかなり傷んでいますが、「WKカバー工法」で施工できますか?
建物の構造に問題がなければ可能です。まず建物の傷み具合を確認し、最適な工法をご提案いたします。
WKカバー工法
長期休業できませんが、施工可能ですか?
建物内に入らずに屋根の上のみで作業できるので、操業を続けながらの施工が可能です。

暑さ

断熱性が乏しい建物は外気温の影響を受けやすく、特に夏場は作業員の熱中症や作業効率の低下を招いてしまいます。綿半の「WKカバー工法」なら快適な作業環境を実現できます。
暑さ

Q&A

「WKカバー工法」は暑さに効果がありますか?
WKカバー工法は既存屋根の上から、新しい屋根をかぶせる工法です。屋根が二重になり断熱層ができることで、暑さが緩和されます。また、屋根材の反射効果で遮熱性も向上します。
WKカバー工法
どれくらい温度が下がりますか?
夏は日中、外気温が高い時間帯に特に効果が得られます。屋根裏温度で10℃程度下がり、熱中症対策にも効果的です。
「WKカバー工法」と塗装、どちらにしようか迷っています。
「WKカバー工法」の方が格段に断熱効果が上がり、暑さに強い建物になります。塗装は定期的な塗り替えが必要になり、トータルコストは割高になります。メンテナンスフリーで長期的な目で見るとお得な「WKカバー工法」をおすすめします。

ゲリラ豪雨

近年多発しているゲリラ豪雨。短時間に大量の雨が降るため、既存の樋がオーバーフローし、建物内が水浸しになる恐れがあります。綿半の「バイパス樋」なら建物を守ります。

ゲリラ豪雨

バイパス樋:特許第5452954号

Q&A

どうやってオーバーフローを止めるのですか?
綿半の「バイパス樋」を設置し、既存の樋へ流入する雨量を減らします。「WKカバー工法」と組み合わせて設置することもでき、より高い性能を発揮します。
長期休業できませんが、施工可能ですか?
建物内に入らずに屋根の上のみで作業できるので、操業を続けながらの施工が可能です。

建物をきれいに

老朽化した建物は企業のイメージを損なってしまいます。綿半の「WKカバー工法」なら、雨漏れや暑さ対策をしながら外装を一新し、美観によるイメージアップを図ります。

建物をきれいに

Q&A

「WKカバー工法」と塗装どちらにしようか迷っています。
「WKカバー工法」なら、新築のような外観を実現できます。
さらに断熱効果が上がり、暑さに強い建物になります。メンテナンスフリーで長期的な目で見ると、塗装よりもお得な「WKカバー工法」をおすすめします。

結露

結露がおきると建物内に水が溜まり、建物が錆びたり製品や機械に被害がでます。また、カビが生えたり虫が発生する恐れもあり、衛生的ではありません。
綿半の豊富なノウハウを活かし最善のご提案をいたします。

結露

Q&A

どうやって結露を止めるのですか?
結露の原因は、施設内で発生する蒸気・建物内外の気温差など様々です。温度・湿度を測定し、発生原因など多角的に分析して、最善のご提案をいたします。
結露

工事について

工事に関する様々な疑問や、質問にお答えします。ご不明な点は当社までお気軽にお問合せ、ご相談ください。

工事について

Q&A

長期休業できませんが、施工可能ですか?
建物内に入らずに屋根の上のみで作業できるので、操業を続けながらの施工が可能です。
「WKカバー工法」の工期はどれくらいですか?
一般的な目安として2,000㎡で30日です。資材搬入条件や屋根形状により前後する可能性があります。
屋根にアスベストを含んでいますが「WKカバー工法」で施工できますか?
綿半の「WKカバー工法」は、屋根に穴を開けない工法なので工事中のアスベスト飛散を防ぎます。
工事について
メンテナンスは必要ですか?
綿半の「WKカバー工法」は基本的にメンテナンスフリーな工法です。しかし、不具合が発生した場合にはご相談ください。早急に対応させて頂きます。
屋根が特殊形状(アーチ型・のこぎり型など)の場合、「WKカバー工法」で施工できますか?
さまざまな特殊形状の屋根についても、豊富な実績とノウハウがあります。建物を調査の上、最適な工法をご提案いたします。
工事について
積雪の多い地域ですが、「WKカバー工法」で施工できますか?
新潟県、長野県など積雪地域での施工実績もあります。屋根勾配・屋根長さにより検討が必要になりますので、ご相談ください。
工事について
WKカバー工法 施工実績
建設業者様へ 綿半ソリューションズへのお問い合わせ
  • 施工実績
  • WKカバー工法
  • お問い合わせ